2010年4月23日金曜日

不思議なこと


この世には不思議なことがいっぱいある。
オカルト的なことは別にして、不思議なこととは、その「理由」を知らないために、不思議に感じることである。

先週末、東京は代々木公園で、アースディのイベントがあり、出店した。車で搬入・搬出のため、「渋谷区役所前駐車場」という区営の駐車場を使った。上の写真はその駐車券である。

朝、駐車場に入る際、機械からペロっと舌のように出てきたこの駐車券を受け取るとゲートが開き、中へ入った。駐車券には入庫時間などが印字されている。夕方、駐車場を出る前に、駐車場内にある、「事前精算機」という機械のところへトコトコ歩いて行き、精算した。この券を入れると、「○○○○円」と表示され、その金を入れた。するとその精算機は、「この券はお出になる際、必要ですから必ずお持ちください」と機械の声が聞こえ、出庫時間が印字された駐車券が出てきた。

そして機械の言うとおり、その駐車券を持って、車で出口のゲートに着いた。すると「しばらくお待ちください」という表示が5秒ほどあり、ゲートが開いた。精算済みの駐車券はまだ手元に持ったままだ。「あれ〜、駐車券入れなくていいのかな〜」と迷っていると、インターホンから「はい、行って行って」という人間の声が聞こえた。右手に駐車券を持ったまま、キツネにつままれたような気分でアクセルを踏んだ。

出口のゲートで、私は駐車券を入れてない。持ち帰った駐車券は現にこうして今でも私の手元にある。でも、「この人(または車)は、ちゃんとお金を払った」と、何かが「認識」しているのだ。それは何だ?

実は自宅近くの大型ショッピングセンターの駐車場でも似たようなことがあった。最近こういうのは常識的なのかも知れない。確かに、駐車券を入れるより入れない方が、駐車場出口ではスムーズだ。でもまぁ、事前精算は済んでるので、券を入れての「認識」と比べると大した差とも思えない。それにしても、あーーーー、不思議だーーー。

ところで、不思議と言えば、もう25年ぐらい昔のことで、今でも不思議と思っていることがある。25年も「不思議だな〜」という思いを引きずっているということだ。

ネパール第二の町で、ポカラという町がある。そのポカラから、トレッキングで北へおよそ1〜2週間行ったところに、ヒンズー教の聖地、ムクティナートというところがある。たしか標高3,800メートルほどだったと思う。私が行ったのは、ポカラが雨期で、観光的にはオフシーズン。したがって、トレッキング客もほとんどいない。しかし、全行程の半分行くとそこからはヒマラヤの北側の気候となり、嘘のようにパタッと雨は止み抜けるような青空になった。だから雨がちだったのは半分だけ。

さて、ムクティナートには、ヒンズー寺院がポツンとひとつある。そこにたどり着いたとき、観光客・巡礼者は私ひとりだった。そのお寺をお参りして、帰ろうとすると、ひとりの老婆が私から10メートルぐらい離れたところで盛んに手招きをしている。「とにかく、こっちへ来い」という強い意志を感じた私はその老婆に向かった。すると老婆は「私についてこい」という仕草をして、私はついて行った。

大きな岩がいくつかゴロゴロしているところへ来ると、老婆はしゃがみ込んで、岩の間の奥の方を指さす。「見えるか、あれが見えるか?」といった感じだ。その岩と岩の間隔は人が入れないぐらい狭い。私は、角度を変えながら岩の奥の暗闇の中を探す。・・・・すると、あった。それは青白く燃える炎だった。おそらく天然ガスが燃えているのだと思う。暗闇の中なので距離感がよく分からなかったが、おそらく5メートルぐらい先にある、5センチぐらいの炎だった。「あった、あった」と老婆にお礼を言うと、老婆は「ここへ来たら、これを見なきゃいかんのだ」という風なことを言って、どこかに立ち去った。

正直に言おう。そのとき至って愚かで思慮の浅い私は、「なーんだ、ちっちゃい(しょぼい)炎じゃん」と思った。でも、それからというもの、その青白い炎の画像が脳裏を離れず、私の中では特別な理由もなく、ときどき思い出していた。そして、あるとき(たぶんそれから5〜6年たった後)、突然、「あっ、あれはスゴイものを見せてもらった」と気がついた。だって「あの炎は一体誰が点火したのか?」、それとも「何らかの自然現象でついてる火を、誰かが見つけたのか?」。可能性としては、この2つのような気がする。ちなみに、見せ物として誰かがガスパイプを設置した雰囲気は皆無である。

人為点火説:その人は、どうやってあそこから天然ガスが出ていることを知ったのか? それもとても人間が入れない岩の間に入って。また、もし多量のガスが溜まっていたら、点火と同時に大爆発になりかねない。

自然現象発見説:人間は火を扱う唯一の生物とされているが、火はこうして人間が生まれる前からチョロチョロと静かに燃えていたのだ。火の起源を考えさせられる。火は人間が起こすだけじゃない。火山や山火事などでも火は起こる。それにしても、この5センチの炎を見つけた人はスゴいではないか。

この炎の「理由」を確かめてはいない。ただ、個人的には何となく「自然現象発見説」の方だと思っている。それが聖地ムクティナートの「理由」なんじゃないかと思えるから。

この世には不思議なことがいっぱいある。
不思議なこととは、その理由を知らないために、不思議に感じることである。

3 件のコメント:

kikunosuke さんのコメント...

良からぬ私は、じゃあ、精算をしないで出ようとしたらどうなるのだろう・・・と、やってみたい衝動にかられてしまいました。でも、度胸がないからできないでしょう^^
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

kikunosuke さんのコメント...

やっぱり駄目です・・・支払いの済んでいない券からは、「こいつは金を払っていない~~~~」という、良からぬ電波が発せられていて、出口にある受信機がそれをキャッチして、地面がパックリ開いて、「あ~~~~~~~!!」と車ごと落下。気が付くと、閻魔大王様の前に座らされている・・・そんな映像が浮かんできました。
悪いことはやはりできません。
では!~~ε=ε=ε=ε=┏( 菊・_・)┛

“ナチュラルソルトカフェ” 店長 さんのコメント...

> kikunosuke さんへ

いや〜、これは度胸とか、出来る出来ないとかの問題じゃぁ〜ありません。事前に支払ってないと、ただ普通に出口の機械で払うだけです。真面目な答えですみません。