2015年8月3日月曜日

ベトナムの氷割り器

「上の写真は、一体何でしょう? 長さは20センチぐらい。アルミ製です」

と、本当は、クイズにでもしたいところなのだが、タイトルで謳ってしまっているので、クイズにならないのがとても残念だ。ひっくり返して見たのが下の写真。
「TP」と文字が入っているが、それは○○印っていうぐらいの一つのブランド名で、特に深い意味はない。ベトナム・ホーチミン市のことを、「TP. HCM(ホーチミン)」と称したりするから、そこからとった「TP」ぐらいのことだろう。

何しろ、これ、ベトナム人なら誰でも使ったことがある、またはベトナムの家には一家に一つは必ずあるという、氷割り器なのだ。しかし、他の(氷をたくさん使いそうな)熱帯の国では見たことがない。私は初めてベトナムに行ったときから、これが気になっていて、10年ほど前にベトナムで購入し自宅の引出しの奥にしまっておいたのを、つい先日思い出してキッチンのすぐ手が届くところに置いた。この夏から、我が家で大活躍してもらっている。

使い方は何とも単純。

冒頭の写真で言うと、細長い下3分の1ぐらいのところを持って、「TP」の文字がある丸くなった面や上部の端で氷を叩く。同じような役割の道具としては、アイスピックになるのだが、ご覧のとおり、これは全く尖ってないから、とても安全だ。子供でも容易に使える。

我が家では、子供たちがだんだん大きくなってきて、この時期、氷を使う量も増えてきた。しかも冬場なら一日二回は作れる冷凍庫の製氷器も、この暑さになると一日一回になる。製氷器で作る氷だけでは足りない。そこで私は、タッパーに水を張って、製氷器とは別に氷を作るようになった。その氷の塊を割るのに、このベトナムの氷割りは実に便利だ。ほぼ一年中氷が活躍するベトナムでは、リヤカーなどで氷屋さんが大きな氷の塊を運びながら、売る直前に靴の箱ほどの塊にしてレストランなどに売っている。よく見かける風景だ。レストランはその塊をこの氷割り器で割ってグラスに入るサイズにするのだ。また、ベトナムの一般家庭では、我が家のように、タッパーで氷の塊を作って、割って使う家も多いと思う。

また、余談ながら、ベトナムへ行って、町中で、“チンチンチンチン♪”とリズミカルな金属音が聞こえたら、それはこの氷割り器を箸で叩いている音だ。それはフォー(ベトナムの米麺うどん)の出前の客引きだ。たいがい子供が歩きながら鳴らしている。その子供に、注文するとフォーを出前してくれる。

さて、この氷割り器。
私は、細かいことが気になった。
 上の写真、この丸くなった「TP」側の面の弧をよーく見て頂きたい。実物を手に取るととてもよく分かるのだが、手前から奥に向かっての尾根線が、2センチほどの幅で、田んぼのあぜ道のように平らになっているのが分かるだろうか。その部分はちょうど氷が当たるところだ。氷を割るには、平たくなってない方がよさそうだが、本当はこの方がいいのだろうか。もしかしたら、私が気がつかないだけで、ここにベトナムの科学が反映しているのかも知れない。何しろ、あえてそう作ってあるように見えるので、私はとても気になってしまう。

そして、一番気になるのは、「そもそも何でこの形なのか?」

「この形はどう見ても、竹でしょ」と感じるのは私だけだろうか? 確かなことは分からないが、昔は、こうして竹を切って縦割りにしたものを氷割りに使っていたんだろうと想像してしまう。しかし、製氷機が作られた頃には、このぐらい単純なアルミの成形も難しくなかったとも想像出来るので、本物の竹が使われていた期間はとても短かったに違いない‥‥などと、私の妄想は巡る。別にこの形でなくても、例えば、スリコギのような棒状でもいいような‥‥。でも裏側をくりぬいて軽くしたようなこの形が優れているのか‥‥。何でベトナム人は、今もこの形を使っているのだろうか?

「アイスピックなんていらないよ。そんな厳密に割る必要はないからね。尖っていると危ないし。昔はこれが竹で、それが使いやすかったら、今も同じ形なだけさ」

この形を見ていると、そんなベトナム人の言葉が聞こえてきそうな気がする。何となく、氷がアバウトに割れるこの形が、ベトナムのいい意味でのアバウトさを表現しているように、私は思ってしまう。

2 件のコメント:

Yu Suzuki さんのコメント...

興味深く拝見しました。

>その部分はちょうど氷が当たるところだ。氷を割るには、平たくなってない方がよさそうだが、本当はこの方がいいのだろうか。もしかしたら、私が気がつかないだけで、ここにベトナムの科学が反映しているのかも知れない。何しろ、あえてそう作ってあるように見えので、私はとても気になってしまう。

きっと、尖っていると、「表面が削れるんだけど割れにくい」ということなんじゃないか、と想像します。

下条剛史 さんのコメント...

> Yu Suzukiさん

コメントありがとうございます。
「表面が削れる」の表面とは、氷の表面のことでしょうか? まさかアルミのこの氷割り器の表面のことではないですよね。叩いて割るので、(氷の表面が)削れるということはあまりないような‥‥。