2009年1月5日月曜日

ホットプレート・パエリア


きょうはパエリア。ただある意味、日本風のパエリア。具材や調味が日本風なのではない。パエリア・パンじゃなく、日本の多くの家庭にあるホットプレートで作るパエリアだ。その薄く広い形は向いている。熱の調節は簡単だし、蓋もできる。3〜4人分以上が適量だけど、来客時などはちょうどいい。

写真は、先日自宅でパーティーをしたときのもの。「熱の調整は簡単だし」と書いたが、最後の仕上げでちょっとお焦げを作る火(熱)加減はやや難しい。焚き火やガスコンロで作るときは、そろそろ食べ頃になったところで、最後に一気に強火にできるが、ホットプレートでそうはいかない。しかしそれは、お焦げが出来ないのではない。この写真のでも、むしろお焦げができ過ぎてしまった。要は、「そろそろお焦げができてきたかな〜」と思いつつ、同時に心の中では「ホットプレートだからそう簡単にお焦げはできないだろう」と高をくっていたということ。このへんが難しい。つまり、ホットプレートはなかなかお焦げにならないが、なり始めると結構早い。この点がホットプレート・パエリアのポイントだ。

ホットプレートのことばっかりで、パエリア自体のことを書いてない。でも、パエリアの具材や味付けに決まりはない。何でもいい。昔、スペイン人の友だちが言ってたのを思い出す。「スペインでは黒いパエリアが好まれる。海の人たちはイカスミを使い、山の人たちはウサギの血を使い、黒いパエリアになる」。

写真のは、ムール貝も使ってるけど、「おいしそうなイカが特売だったから」ぐらいで、ホットプレート・パエリアはいかが? お好み焼きみたいに。

2 件のコメント:

さらまんだー さんのコメント...

パエリア、お客様のときは簡単なのに華やかでいいですよね。

お米は普通のお米ですか?

スペインの人もおこげ、好きなんでしょうかね?

“ナチュラルソルトカフェ” 店長 さんのコメント...

> さまらんだーさん

お米は普通の日本のお米でした。ただ、うちに実は家庭用の精米器があって、それで「五分づき」にしたお米でした。パエリアは、お米がパラパラしてる方がおいしいので、モチモチした日本のお米はやや不向きと言う人もいますが、五分づきでも十分おいしいと思います(もちろんとぎません)。ただ、いつも我が家では五分づきを食べてるので、このときも五分づきにしただけで、何度かやった精白米でも、それなりにちゃんとおいしくできます。

そのスペイン人の友達とはパエリア食べたことがなく、スペインにも行ったことがないけど、スペイン人もおこげ好きだと想像してます。

そのいい加減な根拠は、「フォンデューのおこげ」からの連想です。スイスの人たちは、(チーズ)フォンデューの最後に、鍋の底にへばりついた半分こげてるチーズをかっぱいて食べるのが大好きなんです(ぼくも好き)。だからパエリアだって十分にあり得ると思うんです。これはぼくがスイスに行ってスイス人の友達といっしょにフォンデューを食べた際、「これがうまいんだぜー」と特別な感じですすめられたことが実際にありました。そのときは、なんか妙に嬉しかったですね。

余計なことと知りつつ、いい加減ついでに付け加えると、ぼくの場合は「もんじゃ」ですね。東京の下町育ちのぼくは、子供の頃、もんじゃの生地を薄ーくのばしてパリパリのもんじゃ(通称「おせんべ」)を作って食べるのが好きでした。店のおばさんからは「ガスの無駄づかいだー」とくりかえし怒られましたが、懲りずに目を盗んではやってましたねぇ。おばさん、すみません。

おこげ万歳!