2018年5月29日火曜日

コーヒー塗装の色

『失敗は成功の元』。
だいたい、成功より失敗からの得るものの方が、大きいものだ。そうに決まってる。

我が家の古いダイニングテーブルの天板が反り返り、傷や汚れもずいぶん目立つようになったので、表面を削った。元々この1m×2.3mぐらいのテーブルは頂き物。材質は杉で、オイル仕上げなので、変形・傷つきやすいが、加工もしやすい。

現在持っている電動工具は、インパクトドライバー、ベビーサンダー、丸ノコ、ジグソー。(←買った順) 「次に入手する電動工具があるとすれば、それはオービタルサンダーだな」と、数年にわたり思っていたのだが、3ヶ月前、ホームセンターへ行ったら、昔よりずいぶん安くなってなーと思い、思い切って買った。(春先だったので、ちょっと気分も緩くなってたかな)

購入時、イメージしていた目的は、3点。屋上に置きっぱなしの木製テーブル(三六判、ペンキ塗装)、月見台のような小さなウッドデッキ(1坪弱)、そしてこのテーブル天板(三六判よりやや大きい)。屋上のテーブルは買ってすぐ。ボロボロになった表面を新品オービタルサンダーで磨いてペンキの塗り直しをして終了。残る2点は、どちらも無垢の上に、柿渋の塗装、「エゴマ油+ビーワックス」のオイル仕上げ。ウッドデッキの方は雨ざらしなので、傷みが早い。これまで、一年に一度ぐらい、手でヤスリをかけて、塗装と仕上げをしてきたが、このオービタルサンダーで、楽チンだ〜。こいつは梅雨入りまでにと後回しにして、先週末、「手でやるには、ちょっとなー」と、これまでやる気が出なかったやや大きめのこのテーブルの補修を、やることとなった。

まずは土曜日。反り返りの最大差が1cmぐらいあったので、オービタルサンダー君を擁してでも半日仕事になった。(一瞬、電気カンナがが欲しくなった。でも買わない) 削り終了後は塗装なのだが、それはつい一週間ほど前、思いついたことがあった。

コーヒー染め(木の塗装)。

これまで一体何度、コーヒーのシミをシャツにつけて来たことだろう。じゃあ、そのコーヒーで塗装したら落ちにくいんじゃないか。と思いついた。すると、ちょうど先週のタモリ倶楽部で、「コーヒーで染めた紙」をみて、「もう、やってみよう」と、思いつきが本気になった。(そのタモリ倶楽部、ネタは「ZINE」。コーヒー染めの紙で作ったZINEがあったのだが、番組全体がとても面白かった。別の話になるけど)

そして日曜日。近所の食料品店で一番安いインスタントコーヒーを買ってきて、飽和に近い水溶液をこしらえた。色落ちはすると思ったので、一番濃くしてみたということだ。前日に綺麗に削った面に、それを半分塗ったのが、実は冒頭の写真。

いや〜、なかなかいい色ではないか。このウォルナットな感じ〜。

塗り立て時はそう思った。全面塗り終えて、しばらく乾燥を待っていると、どんどんベトベトし始めて、少し不安になってきた。上にニスやラッカーを塗るならこれでもいいのかも知れないが、この後の仕上げは「油+ビーワックス」だからね。

その後、ある程度乾いたところで、試しにやや湿気った雑巾で拭いてみた。すると、落ちる、落ちる、どんどん落ちるインスタントコーヒー。ということは、このテーブルの濡れたところにシャツが触ると、染まるっていうこと〜?。あれ〜。こんなハズじゃあ・・・・。たまりかねて、「やっぱ、それじゃまずいよね?」と一応カミさんにきいてみるも、答えは聞くまでもない。拭いても拭いてもコーヒーは落ち続けるので止めるに止められず、結局、ほとんどコーヒー色を拭き取ってしまい、元の木阿弥。

どなたか、いい方法をご存じないですか? ベッタリ塗った後、2〜3日放置しておけばよかったのかな〜? 草木染めでは、定着液(みょうばんなど)を使うよな〜、この材木の場合はどうなんだろう? と余裕のない思いが巡りつつも、答えは見つからず。

仕方なく、柿渋を塗った。

一瓶ものインスタントコーヒー、もったいなかったし、コーヒー塗装は徒労に終わった。そして、きょうも、柿渋の上に「エゴマオイル+ビーワックス」を塗った平らなテーブルで、何事もなかったように、家族はご飯を食べている。

0 件のコメント: